shirakawa go around

17.03.10

三輪 了

白川村の楽しみ方

ソリ遊びから学ぶ暮らしの心得

例年、㋂になると雪が降ることもあまりなく

少しずつ雪が解けていき

春の訪れを感じたりするんですが、

今年は㋂に入ってもガッツリと降りました。

IMG_6595

 

 

そしたら、今朝、ご近所さんからこんな素敵な頂きものを。

 

IMG_6658

 

ソリです!

子供用の雪かきスコップとスノーダンプもセットの、かわいいやつです♪

 

 

子どもが産まれたら、絶対ソリ遊びをしよう!と思っていたのですが

なんだかんだ買い損ねていたソリ。

 

まさか頂戴できるとは!!!ありがたい!!!

(こういうご近所さんとの繋がりは、白川郷での暮らしの魅力のひとつです)

 

ということで、さっそくソリ遊びをしようと息子と出かけました。

 

「どこでやろうかな・・・」と悩んでいたところ

お義父さん(息子にとってはジイちゃん)が

旅館の横に丁度良い雪山が出来てるからそこでやりなよ、と教えてくれました。

 

IMG_6648

 

除雪機で雪を集めてできた雪山です。

 

これは丁度良いサイズ!!

 

 

IMG_6649

 

しかし、息子はソリ遊びよりスコップ遊びに夢中(笑)

 

捕まえて強引にソリに乗せると・・・

 

IMG_6642

 

怖いのか嫌なのか、暴れる始末(笑×2)

 

IMG_6646

 

なんとか抱っこしてスタンバイOK!

(あ、分かりにくいですけどソリに乗っている状態です)

 

3・2・1・ゴー!!!

 

IMG_6659

 

滑っている最中を撮ろうとしたのですが

滑り終えた僕の足しか写っていませんね・・・。

 

でも、思ったよりスピードが出て面白かったです!!

 

ソリ遊び、いいですね♪

それからも息子も楽しそうに遊んでいました。

 

辛いことも楽しむ心意気!

 

先日、他の地域から白川郷に移住してきた方のお話しの中で

「辛いことも楽しく」という言葉がありました。

 

豪雪地帯で大変なことが多い白川郷での暮らしも

自分から楽しんでいくことが大切だと。

 

う~ん、そういう気持ち、忘れていました~!!!

 

僕自身、まったく出来ていないことでした。反省!

 

 

ソリ遊びも、雪国の暮らしを楽しむ工夫の一つですね。

もっと早くソリ遊びをすれば良かったです。

でも、気づいた時が変われる時!!

 

これからは、もう少しだけ楽しみながら

村での暮らしを営んでいけたらいいなぁと思います♪

この記事を書いた人

三輪 了

三輪 了

明治から続く旅館「城山館」の若女将をお嫁さんにもらったことから、白川郷で暮らすように。現在は城山館の若旦那。前職である広告・編集業の経験を活かし、”ヨソモノ”の視点で白川郷の魅力をお届けします!息子との村内散歩が日課です。本サイトの編集長。

RELATED ARTICLES

関連する記事