shirakawa go around

16.11.25

三輪 了

白川村の楽しみ方

身も心も冬支度!

比較的、暖かかった11月ですが

ここ数日は氷点下と、いよいよ寒さが本格的になってきました。

昨日(11月24日)は東京は雪が降りましたしね。

 

村内を歩いていても、

着々と冬支度が進んでいます。

 

 

白川郷の冬支度!

 

IMG_5394

 

 

まずは、雪囲い。

 

積もった雪によって窓が潰されない様にガードしてくれる

冬の守護神みたいな存在です!

 

IMG_5411 IMG_5421

 

 

息子とよく行く公園の遊具も冬支度。

IMG_5412

雪の重みで遊具が折れない様に支え付きました。

こんな太いやつを折るかもしれないなんて、雪って本当に怖いですね。。。

 

IMG_5413

さらには、ブランコが撤去されてしまいました。

春がくるまでブランコで遊ぶのはお預けです。

 

 

IMG_5420

神田家さんの玄関には雪をしのぐ臨時の屋根が付きました。

 

 

IMG_5422

こちらでは雪が降ってしまうまえに、草刈りをされていました。

 

 

 

IMG_5481

こちらの合掌造りは、さらに「むしろ」で覆ってあります。

「むしろ」には防寒効果もあるそうです。

合掌造りに「むしろ」は良く似合いますね♪

 

 

IMG_5522

 

昨日は道路の脇に、赤と白のポールが立てられました。

雪がたくさん降っても、車道と歩道の境目が分かるようにするためのものです。

 

 

 

IMG_5523

自動車のタイヤもスタッドレスタイヤにチェンジ!

これでいつ雪が降っても安心です♪

 

 

 

冬が来ても大丈夫な心構えをつくる!

 

 

村の人たちはかなり早い段階から

冬支度を始めているように感じます。

 

そんな村の人たちの様子をみていると、

冬支度をしながら、厳しい冬を迎えうつ

「心の準備」をしているのではないかなぁと思いました。

 

 

 

だって、白川郷の冬は本当に厳しいですから。。。

 

 

かくゆう僕も、冬は大の苦手です(苦笑)

 

 

すごく前から冬が来るのをビクビクしているのです。。。

 

 

9月ごろ、昨日まであれだけ暑かったのに

いきなり涼しくなる日があります。

その時に、「あ、もうすぐで冬がくる・・・」という思いが頭をよぎります。

 

 

10月、寒い日が増えてきて、冬がすぐそばに来ているのを感じ

「あぁ、今年もいよいよあの季節がやってくる」と暗い気持ちになったりします。

 

 

そして、朝晩の冷え込みが厳しくなり、時には雪がチラついたりする11月。

冬支度を進めながら気持ちを高めていき

「冬よ!来るなら来やがれ!!」と腹をくくるのです。

 

 

11月の下旬にきて、今年もようやく冬を迎えうつ心の準備ができました。

 

 

どうせ冬は必ずくるのですから

できれば少しでも楽しく過ごしたいものですね。

(冬を楽しむ方法を模索してみようと思います。

良い案が思いついたら、またブログで書きますね)

 

 

さぁ、冬よ!いつでもかかってきなさい!!!

 

 

とか言いつつ、「今年も雪が少ない冬だといいなぁ」とか思っていたり

「もしかしたら、異常気象で雪が降らない年かもしれない」といった

非現実的なことを思ったりもしているわけです(笑)

往生際が悪いですね。

 

 

さぁ、今年の冬はどんな冬になることやら♪

この記事を書いた人

三輪 了

三輪 了

明治から続く旅館「城山館」の若女将をお嫁さんにもらったことから、白川郷で暮らすように。現在は城山館の若旦那。前職である広告・編集業の経験を活かし、”ヨソモノ”の視点で白川郷の魅力をお届けします!息子との村内散歩が日課です。本サイトの編集長。

RELATED ARTICLES

関連する記事

FEATURED ARTICLES

注目の記事