shirakawa go around

17.05.01

下山勝巳

白川村のこれが旬

白川郷の新緑始まる、渋滞も始まる

新緑の季節の始まり

白川郷ではようやく桜の花が散りはじめ、新緑の季節がはじまりました。

 

 

白山白川郷ホワイトロードから眺める鳩ヶ谷ダム。
KIMG2083
標高の高い山には雪がいまだ残り白く映え、その手前の山々では新緑の緑が色づき始めています。
※白山白川郷ホワイトロードは料金所までは通行可能ですが、開通して石川県側に抜けることができるようになるのは6月上旬からです。

 

白川郷の山々では、ブナの木などが芽吹き始めました。

 

新緑のブナの若木の森の中の景色。
KIMG2087

 

空を見上げると、木漏れ日の中涼やかな風が吹いていきます。

KIMG2091

桜の季節は終わりつつありますが、これからは緑色の白川村が始まります。
三輪編集長の記事にある桜の多くは、桜吹雪を空に舞い散らせておりますが、

桜の花が去るとともに、命あふれる緑の季節が始まります。

また、桜吹雪舞う現在の白川村も、これまた美しいのでお勧めです。

白川郷に至る道中、道端に車を止めて、新緑の中を吹き抜ける風を感じるのも、非常に心地の良いものです。

道端の何気ない林であっても、意外となんとも居心地の良い場所があったりするものです。

あなただけのお気に入りスポットを見つけてみてはいかがでしょうか?

 

GWは渋滞の季節。

 

さて、GWが始まりますが、この5月は新緑の季節であると同時に、渋滞の季節でもあります。
4月30日も白川郷インターから降りてせせらぎ駐車場に至るまでの間では渋滞が起きていました。
測ってみたところ、ピーク時には50mほど進むのにおよそ4分ほどの時間がかかるほど。
森下さんの記事「G.W.の大渋滞を避けるには…」にあるように、国道156号線を通ってくるのは、渋滞を回避する良い方法です。

ちょうど5月のさなかには、国道156号線御母衣ダム湖畔の荘川桜も見ごろを迎えるのではないでしょうか。

 

※荘川桜の開花情報はこちら

荘川町まちづくり協議会 荘川桜開花情報
http://www.shokawa.net/category/introduction/nature/sakura

 

また、荘川ICから世界遺産荻町集落に至る道中には、平瀬温泉があります。
「白川」の名の由来となった大白川を湯元とする温泉です。

 

しらみずの湯
http://hidahakusan.jp/spa/

急がば廻れで、少し遠回りした方が早く着き、かつ、世界遺産荻町集落以外の白川村に出会えるかもしれません。

 

この記事を書いた人

下山勝巳

下山勝巳

白川村生まれ、白川村育ちの会社員。趣味できのことったり山菜とったりきのことったり、古い文献に触れてみたり、昔の古い時代の話を調べたり、口伝を記録してみたり、わりと変わったことに興味もってみたりしています

RELATED ARTICLES

関連する記事