shirakawa go around

17.04.28

野田 美里

白川村のこれが旬

ピンク色の白川郷

長かった冬が終わり、すっかり「春」になった白川郷です。

先週辺りから桜が見ごろですよ。
sakura20170427

 

夕食時間が遅くなる!?

遠くの高い山にはまだ雪が残っていますが、

その雪たちが「桜がやって来たでまた来年やぞ!」

なんてお別れの言葉を言ってるのが聞こえてきそうな今日この頃です。

陽もだいぶ長くなりました。

夕方6時でもまだ明るくて外仕事ができちゃいます。

だから、これからの時期はどうしても夕食の時間が遅くなってしまいます。

 

雪が解けて畑の土が見えるようになったし、田んぼ作業も徐々に始まってきたし、

おそらくどこの家庭でも暗くなるまで外仕事をして、

なかなか家の中に入ってこないから夕飯の時間が遅くなると思います。

”春になると夕食の時間が遅くなる”

たぶんコレ、白川郷あるあるだと思います。

 

種類豊富な花たち

そして、色んなお花が咲いています。

今、白川郷を色で表すのなら『ピンク』でしょう!!

そこら中にピンク~紫色のピンク系のお花が綺麗に咲いています。

 

今日はそのいくつかをご紹介します。

 

まずは『ヒマラヤユキノシタ』

我が家の庭にあるお花の中で春一番に顔を出してくれるお花です。

雪解けと共に咲きます。

himarayayukinosita20170427

 

 

『モクレン』

大きな花が見事です。

確かモクレンは「地球上で最古の花木」と言われていたような??

※間違っていたらゴメンナサイ。
mokurenn20170427

 

 

『カタクリ』

今、まさに見ごろです。

一輪だけみると可憐なお花ですが、群れになって咲いているのを見ると、

まるで蝶の群れが草むらに舞い降りてきたようですよね。
katakuri20170427

 

 

『キクザキイチゲ』

私が好きなお花です。

優しい色のかわいらしいですよね。
kikuzakiitige20170427

 

 

『ショウジョウバカマ』

道端にはあまり見かけませんが、少し山道に入ってみると

足元に可愛らしく咲いているのに気づきます。

他のお花に比べると、少し暗いところが好きなお花です。

shoujoubakama20170427

 

 

 

『ヒメオドリコソウ』

そこら中の道端に蔓延っています。

一輪摘んで指でクルクルっと回してあげるとドレスをきた女の子が踊っているようです。
himeodorikosou20170427

 

 

『ソメイヨシノ』

これは日本の春の代名詞ですね。
someiyosino20170427

 

 

 

『山桜』

正式な名前はわかりませんが・・・。

ソメイヨシノよりも少し色が濃く、花びらもひらひらした感じで可愛いです。
yamazakura20170427

 

いろどり豊かな白川郷の四季

 

今、ピンクが幅をきかせていますが、もちろんピンク色以外のお花もちゃんと咲いていますよ。

タンポポやフキの花やスイセンやチューリップなどなど。

とにかく、春の白川郷はお花がいーーぱい!!!

 

今は全体的にピンク系の色が目に入る白川郷ですが、

もう少し経つと「若草色の白川郷」、

その次は「山吹色の白川郷」、

「緑色の白川郷」と次々と色を変えていきます。

そして、紅葉の「錦の白川郷」、

落ち葉舞い散る「茶色の白川郷」、

そして雪の「真っ白な白川郷」と続きます。

また、いろんな色の白川郷を紹介していきたいと思います。

 

いろんな色の白川郷に会いに来ませんか!?

 

この記事を書いた人

野田 美里

野田 美里

卒業後「野外博物館 合掌造り民家園」に就職のため白川郷へ。結婚を機にやめて夫の家業を継ぎ、お食事処をしながら川魚を育てたり米を作ったりして暮らしています。建物が好き。静岡市出身。

RELATED ARTICLES

関連する記事